社長メッセージ・ビジョン・経営理念

サン・プラニング・システムズが目指す方向性について、代表取締役社長 白羽 毅がご挨拶いたします。

社長メッセージ・ビジョン

SPS代表取締役社長

代表取締役社長 白羽 毅

Climb with you.
すべては、お客様の目的を達成するために

私どもサン・プラニング・システムズ(略称:SPS)は、1980年の設立以来、40年以上、お客様の声を直接お聞きし、プライムベンダー(元請け企業)であることにこだわり、要件定義からシステム開発・運用まで、一貫してシステム構築をご支援するクライアントサポート事業を展開してまいりました。お客様が求めるサービスを提供するだけではなく、お客様の将来を見据えた「あるべき姿」までも提案していく。この豊富な経験と実績に裏付けられた確かな提案力が、私たちの強みです。


「お客様の声から新たなソリューションのご提供へ」

お客様の声に耳を傾け、お悩みを聞き出し、そのお悩みを解消するためのあたらしい解決策を考案する。この継続的な活動から得たノウハウにより、卓越したソリューションを核とするビジネスソリューション事業を展開しております。国内上場企業の約2割、そして国内銀行の約半数においてご活用いただいているBPM(ビジネス・プロセス・マネジメント)ソリューション、大手健診機関から数多く採用いただいている健診システムソリューション、2017年から手掛け、導入実績に裏打ちされたRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ソリューションや、連結会計パッケージ(開発中)ソリューションなどが当社の躍進を支える成長エンジンとなっています。おかげさまで、ご導入をいただいたお客様の数は、4,000社を超えるに至りました。これも多くのお客様から頂戴した信頼の賜物であり、社員一同、心より御礼申し上げます。

「グループ総力を結集したソリューションをご提案」

当社は、令和元年8月30日から、協和エクシオグループのシステムソリューション事業の一員として新しいスタートを切りました。グループ全体では、LAN/WAN構築・データセンター構築などの情報通信インフラや電気・環境などの都市インフラからAI・ERP導入まで、広範囲で大規模なソリューションを提供しています。当社は、資本で結ばれた強固な協業体制をもとに、グループの総力を結集したベストソリューションを国内はもとより海外のお客様にもご提案し、一層のお役立ちを推進して参ります。

「お客様の業務改革をプロセスファーストで実現するクラウドソリューション会社となることを目指して」

当社は、「お客様の業務改革をプロセスファーストで実現するクラウドソリューション会社」となることを企業ビジョンとし、これからも、常にチャレンジする精神を忘れず、お客様の期待を超えるご満足をお届けするために、たゆまず前進し続けて参ります。

 

経営理念

【誠実】社内外を通して、社会規律・礼節を守り、真摯にビジネスに向き合っていく姿勢

【挑戦】価値あることに対して、経験がなくとも、困難が予想されても、情熱をもって進んで取り組む姿勢

【学習】個人・組織全体の能力向上を目指して、お客様の業界・ビジネスモデルを、システム技術を、コミュニケーション技術を学ぶ姿勢

【誠実】【挑戦】【学習】を基本姿勢に、お客様のあるべき姿を思い描き、それを実現するために、得意分野であるシステムサービスを用いたベストソリューションを企画・提案。当該領域において、お客様のベストパートナーとなることを標榜し、挺身することにより、社会・お客様・従業員・株主の利益創出に貢献します。